データ・リテラシー&異文化リテラシー

『アナログで生きてきた経営幹部や中間管理職は、ぎりぎり逃げ切れる世代かもしれないが、30歳代前後の会社員にとっては、オトナの進路選択の時期にある』とささやかれている。
進化・拡大を続けるデジタル・テクノロジー。20世紀を謳歌した自動車業界や家電業界のように、産業の裾野もおそらく広がっていくのだろう。ブランド認知、リードジェネレーション、オムニチャネル(店舗ネットワーク)、設計・製造、修理・事故対応、サービスパーツ、メンテナンス、保険といった、value chainの構成要素(個々の商い)に関してはデジタル化(部分最適)が進行しているように見える。デジタル・コマース・テクノロジーの台頭は、企業と顧客が出会う場所を変え、企業を取り巻く事業環境は、カレイド・スコープ(万華鏡)のように変化を続ける。技術が進化するスピードに企業や労働者はついていっているだろうか。。。
■1990年前後:サーバーを自社で所有・運営していた時代■
企業内で使われている情報システムは、ネットワーク、ストレージ、OS、データベース、アプリケーションなど様々な技術要素で構成されるが、それらは、一社で独占的にセットで提供されていた(メインフレーム)。1980年前後からは、複数の業者が提供する技術要素の集合体として、企業内の情報システムが運用されるようになった(オープン系)。米Oracleや独SAPなどの、大企業向けのシステム・ソリューション・ベンダーが活躍していた時代だが、事業環境の変化に伴い、彼らも新しいテクノロジー(プラットフォーム)へのシフトを急ぐ。
■2000年以降の技術革新(サーバーレス・コンピューティング)■
インターネット技術の台頭により、コミュニケーション手段が大きく変化した。これまでの携帯電話(ガラケー)やSMSといったチャネルに、ウェブブラウザーが加わり、ネット検索(コンテンツ)やeメール、SNSサイトなどに慣れ親しむようになった。新興ネット企業のベンチャー社長が、産業界や世論をも巻き込みながら、新しい時代を切り開いていった。
また、サーバーレス・コンピューティング技術の台頭により、これまで巨大資本を持つ大企業だけがエンジョイしていた情報技術が、資金力のないベンチャー企業でもビジネスに活用できるようになった(Apple iCloud / Uber / AWS / Google Cloud / Netflix  etc)。 乗車履歴など、何億人といった単位で人々の動き(交通データ)を蓄積し、公開する企業もある。また、大学教授、ベンチャー起業家、ベンチャー・キャピタルが緊密に連携して、デジタル産業の裾が形成されている地域もある。
【参考】大学の授業科目の例:最先端デジタル企業のオペレーションを学ぶ授業
How does Uber match drivers to passengers? How does Airbnb select the set of listings to show to a guest in a search? How does eBay manage trust and reputation between buyers and sellers? How does Google optimize auctions for billions of dollars’ worth of online advertising? This course focuses on the basic analytic and data science tools used to address these and other challenges encountered in the most exciting online marketplaces in the world.   (OIT 272: Stanford Univ 2019 )
[参考]American Airlines Customers Can Access Apple Music for Free in Flight
FORT WORTH, Texas, Jan. 30, 2019 (GLOBE NEWSWIRE) — Entertainment on American Airlines is getting even better. Starting Friday, American Airlines customers will have access to Apple Music to stream more than 50 million songs, playlists and music videos on any domestic flight equipped with Viasat satellite Wi-Fi. American is the first commercial airline to provide exclusive access to Apple Music through complimentary inflight Wi-Fi access.
■2010年以降、生き残りをかけて戦うプラットフォーム・ベンダー■
国産・自前主義から脱却し、外部企業と緩やかな協力関係を築く方向に、ビジネスは向かっている。一般企業(広告主)のキャンペーン予算も、デジタル媒体に流れており、企業が持つ年間広告予算の半分以上は、Google / Facebook / Amazonなどに費やされているという。また、22年間にわたり米Oracle社でproduct development等をリードしてきたThomas Kurian氏は、2018年の年末に辞任を発表し、現在はGoogle Cloud事業のCEOに就任している。さらに、Amazon Web ServiceやMicrosoft Cloudに関しては、米政府機関向けのインテリジェンス・プラットフォーム刷新プロジェクト(“ジェダイ”)に向けた入札の準備をしているとされる(2018年の各種報道)。
また、国境を越えた産学コラボレーションにおいてもサクセスケースが増えているのだろう。国産同士の連携から脱却した共同投資は、研究開発効率の向上に寄与する。
Global Parametrics has partnered with the Barcelona Supercomputing Centre (BSC) to improve the speed and scale of its climate-related risk modelling. Global Parametrics is a parametric and index-based risk transfer start-up that’s backed by the UK and German governments, (Source: Reinsurance News :  4th February 2019)
Munich Re takes stake in German Research Centre for AI.
The DFKI is a not-for-profit public-private partnership that receives project funding from sources such as the EU and the German government, as well as support from the membership of tech companies such as Airbus, BMW, Bosch, Google, Microsoft, SAP, Volkswagen, and now Munich Re.  (Source: Reinsurance News :  1st February 2019)
■2020年を前に、組織体制やポジションの再構築を急ぐ多国籍企業(データ・ガバナンス & リテラシー)
IoT Device/ Mobility / Robotics / AI / Distributed Ledgerなどの時代のキーワードが氾濫する中、ビジネス・オブジェクティブを達成するための手段として、データ活用に対する期待値が年々高まっている。2018年現在、データ・マネージメント領域の求人には次のようなキーワードが頻出している :Data Architecture / Data Governance / Data Integration / Data Life cycle Management / Master Data Management / Data Transformation / ETL tools / Data Governance / Lineage / Resiliency。データガバナンス強化に向けた組織体制の再構築を進めているのだろうか、欧州や米国に本社を置く多国籍企業では、データ・リテラシーの高い人材の発掘に血眼になっている様子が伺える。
How Data Literate Is Your Organization? (Forbes / Oct 26, 2018)
Data literacy may be a key driver for the successful digital transformation. The survey of several hundred decision makers (conducted by Wharton School, commissioned by Qlik) found just 24% of Senior decision makers passed the test for data literacy. This cannot simply be put down to a generational thing either, for the study also suggests that data literacy among digital natives was just 22%.
■“Culture eats strategy for breakfast” (Peter Drucker)
明治時代の先人たちは、新しい欧米の概念を日本に持ち込んだ際、新しいコトバを同時につくった(概念を啓蒙した)と聞くが、今日のコマーステクノロジーは泉から湧き出る水のように、日々生まれ続けており、新領域の認知啓蒙/普及は、世界的に英語がスタンダードとなっている。2019年現在、日本においても外国人人材が働きやすい就労環境の整備(議論)がすすんでいるが、多国籍環境でプロジェクトを遂行させるための課題として、まず、受け入れる側のマインドセット変革があると考える。
【参考】無意識に感じる部分は、その違いによりテンションが高まりやすい(日本人感覚が通用しない)
  • 美しいvsきたない、おいしいvsまずい、心地よいvs不快、
  • 他部署への迷惑  vs あとは他部署がやってくれる、
  • 失敗をさせない vs失敗から学ぶ、
  • パラシュートなしで飛べる  vs パラシュート無しは自殺行為だ、(リスクアペタイトの違い)
  • ノー・プロブレム  という発言 = 『指示・命令であれば、従います
  • 年長者は無条件に尊敬しろ vs 真似しちゃいけたい先輩がいる
  • ヒトに迷惑をかけてはいけない vs 転びながら前に進むしかない 
  • 会社の成長のための自己犠牲は美徳だ vs 兵隊を大切にしない管理職はリーダーではない
@HyHyutte

金曜夜の本屋(アイデアがフツフツする秘密)

金曜夜の本屋(脳を退屈な状態にさせるとアイデアが出やすくなる)
————————————
最近読んだ雑誌記事に『退屈な状態にあるときはアイデアが出やすい』とある。1月4日付けのタイム誌の記事が情報源のようで、私がこの記事に出会ったのは、メタップス社長のツイートがきっかけだった。そこで 『脳が退屈な状態にあったために、アイデアが出てきた』事例をいくつかご紹介します。
仕事帰りの金曜夜、市ヶ谷の街を歩いていると、駅前の本屋がたまたま視界に入ってきたので入ってみることにした。どこの本屋でもそうだが、店員は忙しそうにレジ業務をしている。バーコードスキャンや現金の受け取りなどだ。何か面白そうな本がないかと、店内を歩き回ってみた。その日はどういうわけか、魅力ある本に出会うことはなかった。なので、人間観察にテーマを切り替えた。来店している方たちが何に興味をもっているのか、というテーマで店内を3周ほど、歩き回った。
その日の店内には、スーツ姿の男性、ビジネスカジュアルな女性、私服の女性などのお客さんたちが店内にいた。それぞれ立ち止まり立ち読みをしているのだが、立ち読みしている本のジャンルは次のとおり。自己啓発 関連の本がよく売れるというのは聞いたことがあったので、さほど驚きではなかったが、『カメラ/雑誌 / インテリア』というのは私にとっては謎だった。
[6名] 自己啓発 (スーツ姿の男性)
[3名] カメラ雑誌 (スーツ姿の男性)
[3名] テレビ番組雑誌 (私服の女子:  アイドルのドアップ顔写真に顔を近づけながら)
[2名] インテリア (ビジネスカジュアルな女性)
ちなみに、後日分かったことだが、米ウォルマートがアート系のネット店舗を持つ会社を買収する、という発表があった。さらに、アマゾン(co.jp)の画面上では、『中古カメラを買い取ります』的なバナー広告にも遭遇した。(最近読んだ様々な記事がつながって、自分にとって新しい発見となった。こうしたひらめきのきっかけは、スーパーで鶏肉を手に取ったタイミングであったし、毎朝の通勤経路を歩く時間だったりした。
【参考】最近リリースされたニュース(『 カメラ/雑誌/インテリア』関連)
Walmart is acquiring the world’s largest online seller of art, Art.com (@artdotcom). the deal is set to close early next year. The deal price was not disclosed.
https://www.businessinsider.com/walmart-acquiring-art-dot-com-2018-12
【参考】成長するデジタル広告事業(2018 Q3)
アルファベットのデジタル広告事業(2018 Q3)は $29Bで 20% YoY
アマゾンのデジタル広告事業(2018 Q3)は $2.5Bで 123% YoY
【参考】フルフィルメント・配送網を強化するアマゾン(2018年現在、B767を50機リースしている)。ちなみに日系航空各社の運行機材数は、ざっくりベースで、ANA(236) / JAL(165) / Skymark(27) / Jetstar(24) / StarFlyer(12)
『脳が退屈な状態にあったために、アイデアが出てきた』事例は、皆さんも日々の生活の中で体験していることだと思う。私の場合、仕事帰りの金曜夜、たまたまあった駅前の本屋に入り、よい本がなかったので、生活者の行動観察(遊び)にテーマを切り替えた。そして、スーパーで鶏肉を手に取ったタイミングや朝の通勤経路を歩く時間に、ここまで自分の思考が膨らんだのだ。
脳みそを退屈な(アイデアが沸いて出る)状態に持っていくには、歩きなれた道を散歩したり、ただ座って目を閉じてみたり、プールでプカプカ浮いてみたり、など集中力を必要としないアクティビティを適切に選ぶことが重要だそうだ。ただし、ヨガや瞑想などのリラクゼーションは集中力を必要とするので、『退屈な状態』とはならないので注意。
Reference : http://time.com/5480002/benefits-of-boredom/

統計解析ツールのご紹介(Excel 2007)

Add-inツールのセットアップ方法(Excel 2007)
1 エクセルを開き、アイコンをクリック。
2 [Excelのオプション] – [アドイン] – [設定]と進み
3 [分析ツール]のチェックボックスをマークして、[ok]をクリック
4 メニューにある[データ]をクリックし、右端にでてくる[データ分析]をクリック
5 ポップアップ画面が出てくるので、[基本統計量]を選択し、[OK]。
※このほかに、回帰分析、ヒストグラム、T検定、Z検定など色々あります
6 試しにSample内のデータを選択すると、次のような結果が出ます。

excel_addin

ヒマラヤ・トレッキング(Annapurna base camp)

IMG_1255
今回の旅は、日本人のアスレティック・トレーナー(※)に帯同していただき、血中酸素濃度など細かくコンディショニングを見てもらう実験的なトレッキング(詳細はこちら)でした。
※【アスレティック・トレーナー】
プロ野球、プロサッカー、プロ・ラグビーなどトップ・アスリートの成長を陰で支えるプロ。怪我の予防からリハビリを含め、成長曲線の末端付近にある選手の潜在成長力をギリギリまで引き出すことを目指す(パフォーマンス最大化)。アスレティック・トレーナーの多くは、自身もトップ・アスリートだった経歴を持つ方が多いそうです(スポーツ推薦で大学進学etc)。スポーツ推薦が集まる大学(トップ校)では、クラスメートのほとんどが日本代表・世界大会の経験者。新入生へ投げかける教授陣の言葉は、『食っていける奴は限られるから、在学中に他の進路を探すように』。

 

日程(10日間のヒマラヤ・トレッキング)
[Day 0] Landed at Kathmandu Airport and stayed there (as Day 0)
[Day 1] Kathmandu~(by car)~Nayapul ~Birethanti~Hille
[Day 2] Hille ~ Ghorepani (2880 m)
[Day 3] Ghorepani ~ Tadapani (2600m) ~ Chuille (2245m)
[Day 4 ] Chuille ~ Chomrong ~ Sinuwa (2340m)
[Day 5] Sinuwa ~ Duerali
[Day 6] Duerali ~ Annuapurna Base Camp
[Day 7] Annuapurna Base Camp ~ Sinuwa
[Day 8] Sinuwa ~ Landruk
[Day 9] (spent two nights in Landruk)
[Day 10] Landruk ~ Pokhara (am)
[Day 10] Fly back to Kathmandu from Pokhara (at noon)
一日あたりの費用(NPR 1 = JPY で換算)
[JPY 500] ロッジ
[JPY 3,000] 食事・軽食(休憩時の菓子やブラックティーetc)
[JPY 2,500]Trekking Guide(カトマンズで手配した、30年のベテラン。英語のみ。)
[JPY 10,000] カトマンズからポカラまでの国内移動(片道航空券)
※現地で使ったお金は、合計10万円程度でした。
※10万円 = トレッキング10日間(0.6万円 x 10 days) + 国内移動(2万円) + カトマンズのホテル(2万円)
出発までに準備したこと(詳細はこちら)
4000m程度の低酸素室(東京・千駄ヶ谷)で高所テスト(含 呼吸訓練/踏台昇降/仮眠/SPO2&脈の測定)
旅行外来のあるトラベルクリニック(東京・千駄ヶ谷)にて、ワクチン接種(A型肝炎/腸チフス/狂犬病/日本脳炎/TdaP(破傷風etc))

はじめてのネパール カトマンズ (as of Sep 2017)

以下、カトマンズの風景(観察日記)です。
※都心部と山岳地区のギャップが激しいという点で、注意がひつようです。山岳地帯は、ヒマラヤ・トレッキングを楽しむ外国人が多いため、山岳リゾート風になっており、表記はすべて英語、水も売っていますし、空気もきれいで、食事もチャーハンなど普通にあります。
【タクシー】乗る前に運転手と値段交渉する習慣があるようです。交渉という行為に費やす時間(私の場合、10秒程度)が、社交や挨拶の時間だと解釈し、タクシーに乗る前は毎回この流れで乗車しました。
自分:『XXXホテルまで、300ルピーでいいよね?』
運転手:『いや。。。そこは遠いから、10キロくらいあるよ。。。』
自分:『じゃあ、400ルピーでどう?』
運転手:『ダメダメ。。。』
自分:『(無言でバイバイのジェスチャー&去ろうとする演技)』
運転手:『わかった、わかった、特別に400だ、まったくもう、しょうがねえな。。。』
【道路・歩道】 『日本のように舗装されていない』と聞いていたが、私の目で観察した風景を、言葉で表現すると、『ビルの解体工事現場の風景の中を、バスやトラックが砂ぼこりを上げながら前進する通り道』となる。道路と歩道の境界線は、なんとなくあるが、、、『歩道』が『歩く道』として機能しておらず、砂を固めたような立方体がポコッと置き去りにされていたり、アスファルトが掘り返され地面下の地質がむき出しになった砂色の凸凹の細長い部分が、道路と道路でない部分の境界線となっている。
【食事】チキン・カレーやフライド・ライス、熱い紅茶は、フツウにおいしく出てくるので、毎日食べていた。自国風味にアレンジしているのだろうが、カツ丼、パスタ、ピザなど、何度も裏切られた。。。その国の得意な料理以外は期待してはいけない。外国人向けスーパーで見つけた日清カップヌードルは、現地向け商品で、マサラ味というラベルされていたが、ふつうにおいしい(うれしさのあまり、6つも購入)。
【水】薄い茶色、、、、なので、シャワーするのが精一杯。歯磨きや洗顔、シャワーの後は、ホテル備え付けのボトル・ウォータで、口をゆすいだ。
【電気】ホテルの部屋の電気・室内灯・冷蔵庫・エアコンはフツウに作動した。
【自動車】SUZUKIだとおもうが、カトマンズで見かけたタクシー全部が、軽自動車だったように記憶している。
【トラック】 昔は独のトラクター会社との合弁だったのだろうか(謎)、『Eicher』(インド系の会社だそう)という貨物運搬用のトラックがたくさん走っていた。朝六時前後に、カトマンズ近郊の峠道でたくさん見かけた。馬力が無いのか、エンジンが古いのか、積み過ぎなのか、登りはかなり遅く、唸るエンジン音が印象的だった。
【バス】Tata(インド系の会社)がメインで、大きさは、日本の観光のバスとマイクロバスの真ん中くらい。
【その他】 ふつうに野良犬が、歩いている・寝てる。(狂犬病ワクチンを日本の医者から勧められた理由が、やっとわかりました 汗。。)
IMG_20171010_115514
山岳地帯からポカラ空港まで(帰路)は、4WDジープをチャーターした(2.5hrs)