夏のヴァカンス、その前に。~トラベルクリニックでワクチン接種相談を~

朝日が昇る時間もだんだん早くなっており、正月に6:50だった東京の日の出の時間も、5月30日は4:28となっております。また、国立天文台のサイトによると、5/30の札幌の日の出は、3:59だそう。
日が長くなり、屋外での活動がしやすい季節になりました。この春・夏のシーズン、休暇をとって海外旅行に行く方もあるかと思いますので、ワクチン(予防接種)についてご紹介します。
海外渡航のためのワクチン(厚生労働省検疫所)
【A型肝炎】 途上国に長期(1か月以上)滞在する人
【破傷風】 現地でけがをする可能性の高い人
【狂犬病】 イヌやキツネ、コウモリなどの多い地域へ行く人で、特に近くに医療機関がない地域へ行く人
【日本脳炎】 流行地域に長期滞在する人(主に東南アジアでブタを飼っている農村部)
【麻しん風しん】 海外へ渡航しない人も含めて、すべての人
【ポリオ】 アフガニスタン、パキスタン、ナイジェリア、パプアニューギニア、モザンビーク、ニジェール、コンゴ民主共和国、シリアなどに行く人
【黄熱】 アフリカや南米の熱帯地域。黄熱予防接種証明書を入国時に要求する国や、乗り継ぎの時に要求する国もある。
【髄膜炎菌】 呼吸中に生じる飛沫や咽頭分泌物を介して感染。感染者とのキスやコップの共用、寮生活など、緊密な接触が感染の原因。

 

注意したいのが、予防接種は一回で終わらないという点。種類によっては、2~3回、接種する必要のあるものもあります。数年前にトラベルクリニック(旅行外来)で、10種類ぐらい摂取したことがあります。保険適用外でしたので、たしか10万円弱払った記憶があります。
トラベルクリニック、旅行外来等の医療機関で、接種するワクチンの種類を相談しましょう。(出発の3か月以上前から)