項目や活動を、それぞれの相対的な重要度の順に並べる(優先順位)

日本列島のビジネスパーソンの多くはおそらくこんな感じで一週間を終える。
  -大量のメールを読みこなし、
  -業務手順が頻繁に変わるたびに、現場が混乱(ベテランに仕事が集中)
  -トラブルシューティングが発生し、残業
  -システムが処理しやすいように手間をかける(業務システムに人間が合わせる)
  -社内には、疲れきった雰囲気がたちこめる
  -社内外からの問い合わせに、当日中に返信・回答(受験勉強の余韻の反射神経だろうか)

そして心の中で次のように叫んでいる。
   -キャパ越えで疲弊し、まだ歯を食いしばれというのか。。。
-残業を減らせって言うまえに、全体のスキル向上を実現してください
-家庭の中で、自分の時間や静かな書斎が欲しい(スキル身につけたり)
-社内の人間関係に疲れた(頭の中にあのひとの言葉が焼き付いて離れない)

事業環境の変化とチーム全体の実力(PEOPLE / PROCESS / SYSTEM

サービスをデジタル化しようという声があちこちで聞かれるようになりました。別の言い方をすれば、サービス・オペレーションを構成する『PEOPLE, PROCESS, SYSTEM』全部のデジタル化の話であり、国や企業は学び続けている様子がうかがえます。

座学やOJTといった伝統的なやり方もありますが、新しい学びのスタイルもありますね(Hot-to動画、情報商材など)。忙しい毎日の中で、学びの時間を作ることは非常に困難です。週休3日制の話などありますが、『Work & Life』のバランスが非常に重要なのだと思います。

~新しいことを学ぶ / 学ぶ時間を作るコツ~

PHASE-1:
To control expectations and minimize the maintenance work (i.e. legacy systems)
PHASE-2:
To rebalance your Work and Life (i.e. allocate 2 hrs daily for learning new skills)
PHASE-3:
To develop the capability for the digital operations (PEOPLE, PROCESS, SYSTEM)