予測困難な状況の中、『創造・発想』するチカラ

企業の事業サイクル、製品サイクル、内部統制、スチュワードシップ、海外比率の向上、成長分野への投資などが叫ばれて、軽く20年は経過するのではないだろうか。
20年以上前からいわれているように、『これまで経験したことのない状況に直面したとき、これまで蓄積してきた経験や知識が役に立たない』という見解がある。同時にこれは、豊かさを追い求めた20世紀後半に築きあげられた成功体験が、革新を阻害してきていることを指す。
ちくま文庫から出ている『増補 サバイバル』 (服部文祥 )という本を読んだ。北アルプスを日本海側から南下縦走するヒトのサバイバル日記といった内容で、266ページあたりにある記述が、興味深かったので引用させていただく。
【複数の選択肢がある場合】
せわしなく観察して、怪しい仮説を消していく(更新には体力が必要)。
【有望な選択肢がない場合】
見切り発進する。少し試してみて、感じを確認しながら進んでいく。
【選択肢がない場合】
行動する、ただそれだけだ。蒸留された『原始な意志』が浮かび上がる。
企業や労働者の多くは、日々様々なことを経験しノウハウを蓄積してきた。これは、豊かさを追い求めた20世紀後半に築きあげられた成功体験が、革新を阻害してきていることを指す。『蓄積してきた知識や経験を周囲に説明すること』に多くの時間を費やしてしまってはいないだろうか。 時間配分という観点で大きく欠落している領域として、『創造や発想』があげられる。
この『創造や発想』こそ、生き延びるための進路選択には不可欠だ。

成長できる環境を探す・・・自分を変える。

巨大組織には構造的な弱点があるため、産業の未来を切り開くことができるのは、新興企業の経営者たち以外いないのではないでしょうか。。。新規事業の推進をする巨大企業の中には、おカネやヒトを新興企業へ向ける動きが活発ですし。それにしても、どうすれば、マインドセットを変えられるのでしょうか。
【成長を阻害する要因】
一般会社員にとって、成長できる環境とは何でしょうか..?まず、会社員の成長を阻害する要因として次のような点があげられると思います。
a) 事業環境の変化に対する、自社サービスの陳腐化(鮮度や賞味期限)に直面する。
b) 業務手順が細分化されており、『業務手順の変更=システム障害』 という不都合な現実に直面する。
c) 新しいアイデアや選択肢の提供が、社内で潰される(正確に言うと、上記理由によるジレンマ)
d) 挨拶するのが精一杯なほど、ストレスまみれの職場(ワークライフバランスの欠如)
【アスリートの移籍】
また、職場やスポーツの世界で、話題性の高いテーマのひとつに『移籍』があります。日本を代表するアスリートが移籍するような題材は、話題性が高く、メディア(記者)の注目も浴びやすいですね。また、移籍の理由として 『自分が成長できる環境がある』 や 『移籍先のチームが自分を必要としてくれる』 などのフレーズはよく聞きます。
【成功できる環境を創る】
一流の選手の中には、『成長できる環境を探す』だけでなく、『成功できる環境を創るべきだ』と考えるヒトもいらっしゃるようです。 チームに足りないモノやヒト(選手以外のスタッフ・専門家など)を、自分で探し、集めてくる働きができることも、一流のプロ選手には期待されているということなのでしょう。
【外からの刺激】
例:業界の第一人者、外国人の校長(明治時代)、スポーツの監督、指揮者
対面が困難な場合でも、現代では著書やデジタル・コンテンツがある。
【サバイバル環境】
生存競争の激しい環境で生活する
来月の雇用が保証されない環境で働く(ジョブ・セキュリティ)
来月の現金収入がどうしても必要な状況に身をおく(貯金を残さず使い、退路を断つ)
テントや食料を持参し、3~4日、ひと気の無い山に入ってみる

人が増え、年収が増え、購買意欲も伸びている国

ここ数年、銀座や秋葉原の街の風景の主人公は、外国人観光客だった。成長が著しい国々では、これまで国内で流通されてこなかった商材(i.e. デザインやストーリー性の高い商材、日系の家電商材)に対する購買意欲が、富裕層を中心に旺盛だったようだ。国際政治や地政学的なファクターが普遍であると想定した場合、人口が増え、年収が増える国では、現地消費者の購買意欲や購買単価も伸びていくと考えられる。
5年ほど前、ベトナムを旅した時は、バイク屋とかバイクの修理工場(店舗)の多さに圧倒されたが、2017年現在はどうなのだろう。排気量の小さいミニバイクからKAWASAKIのバイク(自動二輪)に買い換えるヒトもいるだろうし、軽自動車や軽トラックの価格帯にレベルアップする生活者も登場しているのだろうか。
ミャンマーの路上では、ヒトが歩くために整備された歩道に(日本で見る工事現場の)電気発電機が無造作に置かれていた光景(同じく、5年ほど前)が目に焼きついている。 先進国レベルの所得がない消費者でも、手が届く価格帯のスマホや自動車が、新興国市場でリリースされていると聞くが、現地のニーズを取り込んだ発電機の商品企画も進行中なのだろうか。。。
新興国向けのクルマ、スマホ、各種デバイスは今後も伸びるだろうし、人工知能や自動運転の台頭で、音を集める部品、音を発信する部品に対する期待値も高い。先日、世界最大の政府系ファンドが、某日系音響機器メーカーへの(追加)投資を発表した。 スピーカーやヘッドホン、車載スピーカーの分野で世界をリードする日系企業だ。
人が増え、年収が増え、購買意欲も伸びている国に、市場がある。未来がある。

人工氷壁のある赤岳鉱泉(八ヶ岳の山小屋)

八ヶ岳エリアにある標高3000m弱の山 『赤岳』の真ん中ぐらいのところ(2200m)には、「赤岳鉱泉」という通年営業の山小屋がある。夏の期間は、温泉も営業しているようだ。大みそかでも、宿泊客が180人ほどある年もあるそうだ(source: 産経新聞,1/3, 八ケ岳連峰 新春の歩み)。
【赤岳鉱泉へのアクセス】
JR中央本線・茅野駅下車
西口からバス乗車、美濃戸口で下車(1時間)
美濃戸口から徒歩で赤岳山荘(1時間)
赤岳山荘から徒歩で赤岳鉱泉(2時間)
【URL】http://userweb.alles.or.jp/akadake/

candy